産後ダイエット方法

産後ダイエット方法のまとめ。産後ダイエット成功口コミ。

産後痩せることと授乳が両立できない?そんな事ないよ

time 2014/07/25

産後痩せることと授乳が両立できない?そんな事ないよ

出産後太りになり、赤ちゃんを産んだでも身の肉は減ってないけれど、たくさんのお母さんたちがもう職場に復帰しないといけないので、産後痩せるのは面倒な問題になっています。それは老人たちは授乳期は補養の必要があるため、産後ダイエットなら授乳中から始めないほうがいいです。
この時に多くのお母さんは困っています:まさか赤ちゃんに母乳を飲ませる為に本当に産後痩せることを諦めなければなりませんか?実は産後ダイエットと授乳中が同時にやれる。

一、哺乳期のお母さんは産後痩せることができないか?

——実はそうではない
Aさんはある外資企業の市場部の営業員です、出産後できるだけ早く復職したいと思いますから、産後3ヶ月ダイエットをしたいですが、老人に反対されました。母乳は赤ちゃんに一番良いなものといいました。だから、Aさんが母乳の量を保証するために各種の栄養物を食べて、産後痩せることはもちろん無理です。
産後太りのAさんは本当に困ります。確かに産後ダイエットと授乳中は両立できないかと疑いながら、専門の医師に相談を決定した。哺乳期産後痩せることができないということは全く科学的根拠がないです。
医師のアドバイスは、産後一ヶ月ではダイエットする必要はない、この時間はできるかぎり栄養のある食品(ただし食品のカロリーを注意必要)を食べて、よく休むことです。授乳中産後痩せることができますが節食しなくてください。節食ダイエットは母乳の分泌に影響を与えるから、離乳後節食ダイエットを始めるほうがいいです。哺乳期のお母さんがダイエット運動を試みることができる

sango-suckle-diet

二、産後ダイエットと授乳中は両立できる

 

1、お母ちゃんの天職を尽くしましょう!哺乳期に自然に産後痩せる

実は、授乳は天然で、無害なダイエットの最良の方法です。赤ちゃんが啜ることを通じて、子宮の収縮を刺激し、子宮の快復に役立ち、産後痩せることに助けます。
お母さんの体は栄養補給のセンターのようで、赤ちゃんに一番よい脂肪と栄養を提供します。
なお、赤ちゃんの世話をするにはいろいろと精力を使って、たぶん疲れるでしょう、疲れると自然に産後太りを解消することができます。

2、本職を尽くしましょう!産後痩せることは運動に頼む

もちろん、単に母乳だけでは産後痩せる達成まではまだまだです。だから、計画を立てて、ますます運動を始めましょう。適度な運動、例えば歩行や水泳とか、産後痩せるに役立つだけではなく、身心の調整と回復も促します。特に産後骨盤ダイエットしたいなら、必ず出産後46日以内にしなければならなりません。
しかし注意すべきのは、産後ダイエットは授乳中に実施してもいいですが、妊娠前大胆なやり方のようならダメですよ。慎重的なダイエットの計画を立てて、体の具合によって合理的に手配しましょう。さもないとかえて産後太りになるおそれがありますよ。

三、産後ダイエット成功談

1、需要に応じて補う、産後の母乳お母ちゃん体重1キロ毎に25-35kcalが需要です。
医者のオフィスに、AさんがスリムなKさんに会いました。Kさんは熱心に出産後3ヶ月以内に10キロ減らした産後ダイエット成功談を教えてあげました。実は体重毎1キロにカロリーが25-35kcalが必要です、母さんが自分の体重によって必要のカロリーを計算し、カロリーの摂取が過ぎないように注意してください。
2、主食をあまり摂り過ぎないように、野菜、海藻類、豆類をおおく食べてください。
KさんがAちゃんに哺乳期間に産後痩せるとともに、赤ちゃんへの栄養供給に影響を及びません。白身のお肉、例えば魚、海老などで蛋白質を摂取しましょう、甘い食、揚げ物、パン、玄米などの摂取を制御しましょう。それは乳製品を摂取しすぎると、乳腺炎を引き起こす可能性があり、過剰の油が乳腺を塞ぐ恐れもあるからです。
3、食事コントロールより、産後ダイエット授乳中お母さんに適するのは運動です
いくつお母さんたちを悩ませるのが、産後痩せるみたいですが、下腹が依然として非常に弛みます。このときは、腹筋の練習をやりましょう。もちろん、やる前に医者に全面的に体質を検査されます。そして腹筋運動とフラフープがいい選択で、お腹の皮膚がもっと引き締めるでしょう。
つまり、よい気分を保持し、適切な食事と運動を配合し、希望どおりに成功に産後痩せます。

down

コメントする






広告