産後ダイエット方法

産後ダイエット方法のまとめ。産後ダイエット成功口コミ。

産後骨盤ヨガ お母ちゃんの産後体型を回復させる

time 2014/06/20

産後骨盤ヨガ お母ちゃんの産後体型を回復させる

赤ちゃんの面倒を見る為に、お母ちゃんは忙しく忙しくて、ダイエットか体を鍛えるさえ時間もない。それでも産後体型の回復も大切だ。自然出産にしろ帝王切開にしろ、出産方式によって、産後の回復状況も違ってくる。産後骨盤ヨガは骨盤の血液循環を促進することができ、ヨガの多い動作はスリムスタイルや内臓や柔らかい筋肉を保護することができ、弾性を増加する効果がある。
お母さんは少なくとも出産6週間後に産後骨盤ヨガ計画を開始する。
出産後まもなく産後骨盤ダイエット運動をしたら、子宮リハビリ鈍化うや出血を招くかもしれない、激しい運動は手術断面や陰門小口のリハビリを遅くさせる、関節も特に傷つきやすくなる、帝王切開のお母ちゃんの状況はもっと危険です。提案:お母ちゃんは出産少なくとも6週間後に産後骨盤ダイエットクラスを参加し、ボディービル運動をやりましょう。
そして、骨盤ヨガは産後体型回復の最も良い方法です。産後骨盤ヨガは呼吸を調理することで、内分泌システムを刺激し、制御する。、骨盤と脊柱の柔軟性を強化する、体の核心部分の筋肉の力を強化する、産後のお母ちゃんを感情的に活力を一杯持たせましょう、それに、徐々に気力、体力を回復させる。骨盤ヨガ練習中に、やさしいヨガ音楽を流し、更に楽しい運動体験を得るでしょう。

それでは、次に産後骨盤ヨガの姿勢を教えましょう、毎日それらの運動を継続して遣れば、驚かせる成果を得るよ。

産後骨盤ヨガ一、腹式呼吸:

1 跪いて座って、或は胡坐をしてらマットの上に座って、背骨にまっすくに伸ばす。
2 .指を離れて、息を吐き、そして軽く息を吸い、腹部はゆっくりと膨張し、外へ出ていると感じる、。この呼吸で、胸腔や胸は膨張しない。
3 .息を吐くときに、腹部がゆっくりと凹み、指が再び触れる。6 – 10回繰り返す。

産後骨盤ヨガ二、肩腕:

1 .息を吸って、足を離して、腕を前へ向けて伸ばし、手のひらを相対する。
2 .息を吐き、左腕を曲げ、右腕を掴み、左側へ伸ばす、同時に頭を右に回転する。回自然に呼吸し、2~4回繰り返す。
3 .息を吸い、両手を頭の上に伸ばし、右腕手のひらを背中に這って呼吸する。左手が右腕の肘関節を支え、ゆっくりと右腕を左へ伸ばす。自然に呼吸し、2~4回に繰り返す。
4 .逆の方向で繰り返す。

sango-pelvis-yoga

産後骨盤ヨガ三、腹部

1 .仰向けて、両手を体の両側に置く、
2 .息を吐き、右足を曲げて、両手で膝を支える、2~4回自然呼吸の時間を保持する。
3 .息を吸い、回復する。逆の方向で繰り返す。

産後骨盤ヨガ四、背中:

1 .お母ちゃんはまず両足膝を曲げて、跪いて支える。そして息を吸い、右足を後ろへ伸ばし、頭を上げて、両目に前方向を直視する。
2 .右の膝を曲げて、呼気し、ゆっくりと足を胸の方向へ移動、両目が下を見る、鼻先が膝と触れるようにする。
3 .回復する、逆の方向で繰り返す。

 

産後骨盤ヨガ五、骨盤:

1 .足を離して跪いて、そしてゆっくりと息を吐き、上半身を背けて、両手と肘関節を床と接触し、頭を床と接触し、最後に背中を床と接触させる。
2 . 両手をゆっくりと頭の上を挙げて、肩甲骨の地面から離れない。お母ちゃんは腰の下にクッションを入れても良いだ。
3 .息を吐き、両腕を還元し、上体をゆっくりと還元する。

注意事項:産後体型回復について、自然分娩なら、2週間後に産後骨盤ヨガ練習を開始していいだ。帝王切開の場合、8週間後に開始するのほうがいいだ。毎日空腹で練習するのをお勧めする。

down

コメントする




広告:アフィリエイト副業 – 永久収入

広告:胸を大きくするクリーム

広告:チャイナドレス激安通販

広告:豪華なベリーダンス衣装格安通販