産後ダイエット方法

産後ダイエット方法のまとめ。産後ダイエット成功口コミ。

産後骨盤ダイエット――ダイエットベルトを正しく利用する!

time 2014/06/27

産後骨盤ダイエット――ダイエットベルトを正しく利用する!

新しい命を生み出すため、お母ちゃんの腹筋が長くなり、腹部の皮膚が弛み、骨盤も広くなった。若し産後の一月目に制御しないままでほっとく人もいるが、急いで産後の数日後にすぐに産後ダイエットベルトを使う人もいる。
実はこの二つの極端なやり方とも産後体重の回復によくない。産後骨盤ダイエットにはダイエットベルトを正しく使うよ。

産後腹収縮1:産後まず骨盤ダイエットベルトを使う

自然分娩にしよう、帝王切開分娩にしよう、骨盤がホルモンが増加するために広くなり、自然分娩の準備に入る。研究によると、産後42日以内に女性ホルモンはまだ低下しない、骨盤はまだ良好な可塑性状態だから、産後42日以内にタイムリーに骨盤に適度な外力を加えると、骨盤出産の状態を有効に回復させる。
つまり、腹部の回復と違って、産後骨盤ダイエットは産後一ヶ月以内にもっとも有効です。
だから、自然分娩でも帝王切開でも、産後2、3日後に、具合がよければ、骨盤ダイエットベルトを使用開始できる。骨盤ダイエットベルトはウェストダイエットベルトとは違い、使用の位置が低くて、その役割は骨盤内に適度に圧力を加え、早く回復させるように促進する。

sango-pelvis-belt

産後腹収縮2:ウェストダイエットベルトの使用

a .自然分娩のお母さんは産後一ヶ月後にウェストダイエットベルトを使用できる
あるお母ちゃんは自然分娩の場合、腹部に傷がないので、すぐにウェストダイエットベルトを使うことが可能だと思っているが、実は違うよ。分娩後、腹中にまだ沢山の鬱血、気体、及びその他の体液が残っているので、体の自然循環でそれらのものを体外へ排出する必要です、若しウェストダイエットベルトをあまりにも早く使うと、体内の血液循環に制御させるしか役立たない、悪露の排出に役立たない、更に呼吸にも影響をさせる。臓器の回復にもよくない。ウェストダイエットベルトの使用は早すぎると、骨盤の上にも力を加えるから、柔軟な骨盤を拡大させ、産後骨盤ダイエットに役立たない。
b、自然分娩のお母ちゃんは産後体重減らしできてから、骨盤ベルトを使用開始を薦める、産後1か月後、ウェストダイエットベルトを使用開始する、体型の回復に役立つ。
c、自然分娩でも帝王切開でも、産後6週間から6ヵ月に、個人のニーズに応じて強化型のウェストダイエットベルトを使用できる。

down

コメントする






広告