産後ダイエット方法

産後ダイエット方法のまとめ。産後ダイエット成功口コミ。

有効に産後骨盤ダイエットしたいなら産後マッサージを試みよう!

time 2014/07/11

有効に産後骨盤ダイエットしたいなら産後マッサージを試みよう!

みんなは産後マッサージダイエット法が聞いたでしょう!でもある人はどんなマッサージしても産後体型が変わらない、骨盤も縮まりません。いったいどうすればいいんですか。次は、有効的の産後マッサージ方法を紹介します。毎日10分でのお腹と骨盤マッサージを通じて、楽に産後骨盤ダイエット成功を実現します。では、その産後マッサージの具体的な作り方は何ですか?一緒に了解しましょう。
1、上腹部を横に摩る:左手の掌に力を注いて、左から右にマッサージします。この産後マッサージは胃の内容物のあけるような作用があります。もし上腹部胃区時計回り按摩して、調節の作用を果たすことができて、胃の消化機能をバランスが増えて、胆汁と膵液が小腸に入れることを促進します。この産後マッサージは1~2分します。
2、腹部産後マッサージ手法:手の平は全体腹部の範囲に沿って時計回りや反時計回り方向の摩動をして、すなわち右手の掌根で右の下腹から、左手を補助して、右季肋までに迫り出す(右の肋骨弓の下縁)、また左季肋までにプッシュして(左肋骨弓の下縁)、下向き骨盤まで推します。3回も繰り返し、結腸うごめく機能を促進することに役立ちます。時計回り摩動して便秘を予防作用があります、大腸分布は時計方向ですから、時計回りにマッサージすると大腸伝導の方向に一緻して、その産後マッサージ手法は、産後下痢患者に症状を改善することもできますよ。

sango-massage
3、小腸をなでる。臍は中心にして、掌根は臍帯に押さえ、左手四つの指をそろえることによって、時計回り方向に1~2分を揉み動、右手を同じな姿勢で反時計方向に1~2分をなでる。産後体型を変わるほか、腸管蠕動を促進することができて、消化を助ける。
4、 お腹を推す法:胸骨下始めから胸の正中線に沿ってが手の平で先に1~2分を推して、手法がだんだん重くになって、気持ちがよい、授乳中ダイエットに消化を助ける作用があります。
5、一緒にお腹を推す:両手は両わき肋骨(肋骨弓の下縁)では、腹部の両側から腹正中線にもみ合って、力は軽くからだんだん重いになる、両手の平は上腹部から下腹部に移動します、1~2分時間でもみ合って。この産後マッサージ手法は、腹部贅肉落とすうえで、腹腔の臓器の調節を通じて、産後骨盤ダイエットさせます。
6、腹壁を震える法:片手また両手は縦で腹壁をひっかいて震えます、3回も繰り返し、消化を促進して、授乳中ダイエットに効果があります。

down

コメントする






広告