産後ダイエット方法

産後ダイエット方法のまとめ。産後ダイエット成功口コミ。

産後ダイエット体操

多くの妊婦は産後の腹部が弛み、乳房が豊満しているので、腰も太くなる。産後ダイエット体操は锻練を通じて、徐々に体型を回復させることです。体型を回復させるように、ダイエットに飲食制御のことを取ってはいけない。なぜならばもし栄養不良になると、赤ちゃんの健康にも影響があります。産後運動は適当的、順序的に且つ動静の結合にやり遂げべきで、産後ダイエット体操は最高な選択です。

第一週間、産後の一日目から、3つの項目の運動を練習できます。

一番目の項目は盆底筋の運動です。これはゆっくりにしゃがむと立上る運動を練習します。

 

 

 

自分の体力の具合によって、毎日練習する回数がだんだん多くなります。この産後ダイエット体操は産後の盆底筋が強めます。もし分娩の中で縫合された傷があれば、その傷への癒着に助かるものです。

二番目の項目は、踏板を踏む運動です。これは血液循環を改善できて、足の腫れを防止できます。踝部は力を入れて両足を上側に曲げて、または下側に曲げる。繰り返して練習します。

三番目は腹部の筋肉を増強する練習です。呼気する時、腹部の筋肉を引締めて、数秒後に緩めていきます。

以上の産後ダイエット体操は比較的に緩やかで、産後の一日目から練習できます。

産後の五日目から、もし気分が良ければ、腹部の産後ダイエット体操をやれます。ベッドに仰向けで、二つの枕で頭と两肩を支えて、両足が曲げ且つ少し分けて、両腕が交差して腹部の上に置きます。それから頭と両肩を揚げる時に、呼気して、且つ両手のヒラで腹部の両側に軽く押して、腹部の両側を内側に押します。この姿勢を数秒間で保持して、それから吸気、リラックスします。3回でを繰り返してやります。

 

産後ダイエット体操

 

産後第2週,徐々に一部の運動を追加できます。それぞれの体操の項目の運動量が増えできます、ご気分が快適のほどまででやります。

体を後ろ向きに曲げる運動。まっすぐ座って、両足が曲げ且つ少し分けて、両手を胸に抱いて、それから呼気と同時に骨盤が少し前向きに傾いて、体をゆっくりに後ろ向きに曲げます。腹部の筋肉が引締めるほどで良いです。もし気分がよい場合に、できるだけこの姿を長い時間を保持します。保持する中で、正常呼吸の方式を取れば良いです。それからリラックス、吸気してまっすぐ座って、次回の産後ダイエット体操を準備します。

体を前向きに曲げる運動。平面に仰向けて、両足が曲げて、両足が少し分ける。両手が太ももに寄ります。呼気して、頭と両肩を揚げて、体を前向きに伸ばして、両手をできるだけ両膝に触るようにします。もしあなたの両手が最初に両膝に触らなければ、それでも構いません、続けて練習します。この産後ダイエット体操動作を完成する後に吸気してリラックスします。

片側のスイベル運動。ベッドに仰向けて、両腕を体の両側に平置き、两手のヒラが両太腿の外側に近寄ります。頭が少し揚げて、体を左側に回して、左手を脛までスライドします。もう一度仰向けて、それから右側に上記動作をします。左、右両側はそれぞれ2-3回を繰り返してやります。

もしあなたが帝王切開手術を実施したら、産後の第二週から産後ダイエット体操できます

 

 

down

コメントする






広告