産後ダイエット方法

産後ダイエット方法のまとめ。産後ダイエット成功口コミ。

産後一ヶ月ダイエット方法の4つキーポイント

time 2014/08/21

産後一ヶ月ダイエット方法の4つキーポイント

「昔、50キロもない私、今はほら……」女性友達から産後体付きが崩れたとのよく文句を聞く、まるで水を飲むだけでも、お肉になると、どうしようもないようです。実は、産後一ヶ月ダイエット方法よく把握すれば、ただ短い一ヶ月以内で妊娠前の体重に戻れる、信じないのか?以下は産後一ヶ月ダイエット方法の四つのキーポイントです、みんなと分かち合いましょう。

 

産後一ヶ月ダイエット方法のキーポイント一:塩や調味料を完全に食べない

 

一般的に妊娠の全過程、体重は約12キロ増える。それでは、その12キロの重さがどのように体の上から消滅するのか、お母ちゃん達の関心の焦点です。それでは、計算して見ましょう、赤ちゃんと胎盤の重さは約5 . 5キロで、そしてまだ6. 5キロ、そのうち、水分は60%以上占めるでしょう。

 

一ヶ月ダイエット方法

 

言い換えれば、妊娠で様々な要因による水分を必ずお母ちゃnが分娩後にゆっくり排出する。だから、産後ダイエット食事も大事なことだ。もしならば産後一ヶ月間で塩辛いものや、醤油、酢、トマトソースなどの調味料を含まれるもの、或は塩漬け食品とか、缶詰食品とかなどを食べると、体内の水分を滯在させるため、水分を排除しにくい、むくみを強化し、体重減量はもちろん出来ないでしょう。だから、産後一ヶ月ダイエット方法にキーポイント守るために、塩や調味料を完全に食べないほうがいいでしょう。

 

これはなぜ産婦は産後1週目に出来る限り水を少なく飲む原因です。もし最も肝心な第1週間に「利水腫れ解消」の目的を達成しないと、返って水を飲みすぎると、新陳代謝に悪影響を及ぼすため、一ヶ月ダイエット方法の実施はなかなかには難しい。

 

産後一ヶ月ダイエット方法のキーポイント二:段階的な食補

 

産後の第1週間の主な目標は「利水と腫れ解消」で悪露を綺麗に排除するとのことから、絶対に栄養を無闇にいっぱいつけないほうがいい。一ヶ月ダイエット方法をめぐって、正解観念は先に悪露を排除、その後、血気を補充、悪露が多いと、栄養をつけるのがよくない。

 

段階的に食事で栄養をつける観念を持つように、簡単に言うと、産後直後の2週間は、悪露まだ完全に排出してないので、栄養を無闇につけるのが間違いです、食事の重点は新陳代謝を促進し、体内余分を排出することです。例えば、第1週間は「ごま油豚レバー」を主な食品に、子宮は悪露の排出と他の廃棄物の排出に役立つ。第2週間は「ごま油豚賢蔵」で血液循環を活性化させ、背中の痛みを予防。第3、4週は悪露が完全に排出されたため、「ごま油鶏」を食べ始められ、補血理气に役立つ。ある産婦は家族の愛を拒否しきれないため、産後すぐにごま油鶏を食べ、出産の初日から一ヶ月ずっとこのまま、それはもちろん減量できないでしょう。

 

それ以外に、飲食に更にあっさりした塩と脂肪が少ないお食事、熱いうちに食べる、細かく噛んでゆっくりと食べる、間食拒否を追求しましょう、これらの原則を守ると、産後一ヶ月ダイエット方法をちゃんとして、太ることは心配がなくて済むでしょう、一挙両全というでしょう。

 

産後一ヶ月ダイエット方法のキーポイント三:腹巻使用とタイムリーに運動を開始

 

おしゃれなお母さんは注意してください、産後必ず腹巻を使いましょう、寝る時でも使うように。これで体付きの回復に役立つだけではなく、また内臓下垂と肌のたるみを予防できる、妊娠紋除去の役割もある。

 

しかし、一ヶ月ダイエット方法を正しいするために、本当に妊婦の生産用の腹帯を使いましょう、それは長状のバンドです、腹を自由に縛られる、下から上へ体の曲線に沿って纏縛って、このように垂れ下がった腹部を完全に支え、型を造れるでしょう。
また、産婦は労働を出来る限り避けるほうがいい、適切な運動は腰、臀部の贅肉の解消、と弾性の回復には役立つ。
一般的に、一ヶ月ダイエット方法の紹介によると、産後14日から腹筋収縮運動、腹筋運動を開始可能です、酸素ダンスがお好きなお母さんは、6週間以降に開始可能ですから。とにかく、産後の運動を根気よく続けていくと、効果は意外によいですよ。

 

産後一ヶ月ダイエット方法のキーポイント四:自ら哺乳

産後ダイエット授乳中からです。お母ちゃんの体は乳を造るために妊娠期間に貯蔵した脂肪組織を少しずつ消費する。毎日乳汁を作ると、約2~3 347.2ジュール、(500~800カード)の熱量を消耗できる、1ヶ月後に母乳授乳しないお母さんより62 760~10 0416ジュール(15000~24000カードのカロリー)を消耗できる、脂肪に換算すると、約2キロの脂身ですよ。

 

それで、多くの医学研究で、自ら哺乳のお母さんが早く体付きを回復できることを証明した、それに乳癌、卵巢がんの発生率を下げられる。

 

上記四つの産後一ヶ月ダイエット方法のキーポイントは産婦はわずか30日以内に体を急速に回復することに役立つ、甚だしきに至っては妊娠前よりさらに軽い、新しい姿で職場に戻りましょう。もちろん、妊娠中にあまり体重増加しないと、産後一ヶ月ダイエット方法を実施もやすいでしょう。

 

down

コメントする