産後ダイエット方法

産後ダイエット方法のまとめ。産後ダイエット成功口コミ。

顔痩せない幾つの生活慣習をご注意

time 2017/03/30

顔痩せない幾つの生活慣習をご注意

大きい顔も、小顔も遺伝子によるものですが、整形、又は顔痩せる方法で小さくすることができます。しかし、以下の顔痩せない幾つの生活慣習を避けないと、いくら整形しても、ダイエットしても、顔の贅肉が消えていかない。

 

悪い寝姿が顔痩せない原因だ

 

たくさんの女の子が伏せて寝るのがすきだが、実は伏せ寝は心臓により大きなストレスを起こし、呼吸が悪くさせる。その他、顔を変形させる。

 

長い時間で顔が圧迫された状態になると、皺がでるだけではなく、更に顔を変形させる。

 

顔には最高の寝姿はあおむけに寝ることだ。でも横向きが好きな人はよく寝姿を変化したほうがよい。例えば、一日は左側なら、翌日は右にし、顔の対称を維持する。

 

激安ベリーダンス衣装

販売価格(税込): 3,980
女性らしい身体づくりにぴったりのダンスと考えられ、危険度が少ないので年齢を問わず楽しめるところが人気の秘密

 

 

顔痩せない生活慣習:硬い食べ物が好き

 

大きい顔の最も主要な原因は下顎角が肥大である。

 

いつも炒めナッツ、豆、イカシルク、ガムなど固いあるいは噛みにくい食べ物は咬筋をつかうので、筋肉が発達しすぎ、下顎角筋肥大をおこす。

 

だから、できるだけこの種類の食品を避けるや食べないようにし、咬筋の過度利用を避け、顔のラインより柔らかくする。

 

塩っぽい食べ物を食べることも顔痩せない生活慣習

 

塩分中の塩化ナトリウムが血液中の水分を吸収し、ますます多くの水分が体の組織液の中に滯在し、体にむくみをさせる。

 

だから普段はあっさりするものを食べ、むくみを解消に役立つし、心臓にもメリットがある。

 

また、指圧マッサージを通じて顔のむくみを解消するのも良い方法である。

 

無表情も顔痩せない原因

 

顔が大きいことは表情にも関係がある。

 

もしいつも無表情で、話もあまりしないと、顔が大きくなる。

 

顔の筋肉も適切な運動が必要だからである。

 

顔の筋肉が運動しないと、脂肪が積み上げ、顔を大きくする。

 

笑うは最高のやせ顔の表情である。笑う時、頬と口元の筋肉は上へ出しているのであるから、顔の視覚効果が上へ上げ、顔が小さく見えるし、あごもとがってるように見える。

 

肩とあごで電話を挟むことが顔痩せない生活慣習

 

肩とあごで電話を挟んでしゃべるのは顔に影響する生活慣習であり、顔の左右対称を影響するのである。

 

非対称は顔が大きく見えるだけでなく、とても不自然になり、ひどくなるとそのための心理の圧力が大きくなる。

 

 

ベリー 通販 ベリーダンス衣装セット 高級セット 新品 ステージ演出服

販売価格(税込): 11,980
アラビアンダンス(べり―ダンス)は古くから安産のためのダンス(エクササイズ)としても人気が高く、マタニティーベリーも存在します。

 

down

コメントする